22の日記

地方女子大生の日記。スケベな話メインで

あいミルクのびみょうな悩み(NOT下ネタ)

私は三人姉妹の末っ子だったけれども、かなり自由な人生寄りだったのかもしれん。

というのも、姉2人は結婚し子供も産まれて親孝行しているなという感覚はあるが、
もし、2人が子供を産まないという選択をしていたら、今頃私の母親はどうなっていたのだろうと思うと、少しゾッとしてしまった

子供達が自立し、一人暮らしを始めて家を出てから、実家には母、父、祖母の3人暮らしへと変わった。
母は元からストレスを抱え込みやすく、ストレス性の難聴にかかっていた。
何度か私がカウンセリングをしたこともあったが、何よりも母を支える存在が必要だった。

そんな時に長女に子供が産まれて、孫ができてから母はイキイキとし始めた。
孫の写真をねだり、お菓子を与え、たくさん孫と遊ぶ。孫の学校の行事には積極的に参加する。
母が再び明るくなって、私は本当にほっとした。
それと同時に、孫の存在に対して少し焦りも感じた。

まだ就活中で仕事も始めてない、一人暮らし、結婚もしていない、子供もいない

そんな私の存在を、母は見てくれているだろうか。
安心感の裏にちょっとした嫉妬心が見えた気がした。

私が就職したら、私が結婚したら、私が子供を産んだら、
家族は私をもっと見てくれるだろうか
姉達と同じ立ち位置に立てたら、私も輪に混ざれるだろうか。
私の心の中の子供が、嫉妬心と、寂しさと、承認欲求でウズウズしてる。



人が何かで悩んでいる時、自分の中の子供と話すと心が落ち着いてくるらしい。
そして、自分の中の小さな子供をぎゅっと抱きしめて、イヤイヤ言ったりわがままを言ってる自分を受け入れてあげるんだって

詳しくはインナーチャイルドだったと思う。調べてみてね